NGO Room to Read(ルーム・トゥ・リード)

元マイクロソフト幹部社員だったジョン・ウッドが立ち上げた「本を読む部屋」(本を読む余裕)という名前のNGO。

途上国には図書館などが無く子供が本を読める環境に無かったり、図書館があっても本が貴重なため、子供が本を読むことができないなどの状況を目の当たりにしたジョン・ウッドがマイクロソフトを辞め、設立したNGOです。

最初は支援による図書館を設立したり、本を寄付する活動をしていましたが、その後途上国での文化的偏見による「女子が切り捨てられる」事実に目をむけ、途上国の女子教育支援にも活動の幅を広げました。

また、当初は寄付による本を届けていましたが、2003年より現地語での本の出版なども行っています。

実績
2000年の設立以来2010年4月までに、410万人以上の子供に教育の機会を提供。
1,129校の学校建設
10,000ヶ所の図書室/図書館 設立・740万冊の現地語児童書発行(433タイトル)
433万冊の英語児童書提供
8,944名に女子教育支援プログラム提供

支援の仕方

*寄付をする
活動支援のため寄付をすることができます。

詳しくはをRoom to Read 「ご寄付の方法」をご覧下さい→http://www.roomtoread.jp/get-involved/make-a-donation

*プロジェクトのスポンサーになる
図書館建設プログラム、長期女子教育支援プログラム、学校建設プロジェクトへ寄付することができます。

*生徒による生徒支援プログラムに参加する
学生による学生のための支援プログラム=STUDENTS HELPING STUDENTS(SHS)というセクションがあり、学生たちが自分たちが考えたアイデアを使って寄付金を集め、発展途上国の学生の教育を支援している。

*知人・企業を紹介する
ルーム・トゥ・リードの活動に興味を持ってくれそうな企業、財団法人、出版社を紹介する

*サポーターとして参加する
ボランティアとして参加することができます

*イベントに参加する
ルーム・トゥ・リードの広報、寄付を募ることを目的としたイベントへ参加する

その他、活動場所を訪問することもできます。支援の方法などはNGO Room to Read(ルーム・トゥ・リード)のページをご覧ください。

URL:http://www.roomtoread.jp/

※注 こちらの情報は掲載時のものです。最新情報は公式サイトでお確かめください。

更新(画像取得など):

カテゴリ:

フォローする