【5月24日(日)開催】国連WFPが開催!横浜のランドマークをまわるチャリティウォーク『WFPウォーク・ザ・ワールド』

- PR -

d9064-77-776804-0

生きるために必要最低限の事は、やはり「食べる」ことだと思いますが、命をつないでくためにも、そしてお腹をすかせることにより、新たな争いを起こさないためにも「食」というのは私たちの生活の重要な部分を占めていますよね。

しかし世界中には貧困や紛争、そして災害などにより、その最低限の「食べる」ことさえままならない人達がいますが、そんな人達をサポートするべく、国連WFPでは、食べるものがなく命の危険にさらされた人々に速やかに食糧を届けたり、中長期的に「食」を通じて支援を行っています。

【国連WFPとは】国連WFPは、国連機関であるWFP 国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。国連WFP協会は、募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。

そんな国連WFPが来る5月24日(日)に、世界の子どもたちの飢餓をなくすことを目的にしたチャリティーウォークイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド」を開催します(専用サイト: http://www.walktheworld.jp)。このイベントは新緑の気持ちの良い季節に、横浜のランドマークをまわるウォークで、内容的にもかなり楽しいものになっている上に、イベントの参加費の一部は、国連WFPの学校給食プログラムに役立てられるなど、自分も楽しみながらちょっとした貢献ができるのが魅力です。

また、元スキー・ノルディック複合選手の荻原健司さん(オリンピック金メダリス ト)、そして荻原次晴さん(長野オリンピック日本代表)は、このイベントの主旨に賛同し、ゲストとして参加されるそうです。

荻原健司さん、荻原次晴さんからのメッセージ

「小さな一歩が、世界の子どもたちの笑顔と希望につながると信じています。すべての子どもたちが 十分な食事をとり、夢に向かってチャレンジできるよう、歩くことを通して応援しましょう。」

このチャリティウォークは、2005年からスタートし、今回で10回目を迎えます。参加者数は年々増加傾向にあり、昨年2014年には3,879人が参加、約12万5,000人の子どもたちに給食が届きました。

【国連WFP 学校給食プログラム】
世界には空腹のまま学校に通う子どもが6,600万人います。貧しい家庭にとって、学校給食の存在は子どもを学校に送り続ける強い動機になります。国連の食糧支援機関である国連WFPは、子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げるため、学校給食プログラムを通じて毎年およそ2,000万人の子どもたちに給食を届けています。

コースは、5km、10kmの二通り。

img_course walktheworld_map
※クリックするともう少し大きな画像がご覧頂けます。また国連WFPのイベントページではPDFがご覧頂けます。

今年はイベント10周年ということもあり、オリジナルトートバッグがついた参加枠もあります。(【200個限定】10周年記念オリジナルトート付参加申込みはこちら。http://www.walktheworld.jp/10thgoods.html ※通常の申し込みの方は下記に記載してあります。)

寄付をするのにどこの団体が良いか迷っている人、何かをしたいけど、どのように参加したら良いのかわからない、そんな人は様々な想いで参加する人達と一緒に、世界の子供達を食を通じてサポートできるイベントに参加してみるのはいかがでしょうか?

  • 大会名: WFPウォーク・ザ・ワールド
    開催日時: 2015年5月24 日(日)9:00 受付開始、 9:30 開会式、 10:00 10kmスタート、 10:30 5kmスタート
    開催地: 横浜みなとみらい地区(スタート会場: 臨港パーク)
    参加費: 一般1,500円(当日2,000円)※うち1,000円を募金、 小学生500円(当日800円)※うち200円を募金、 ※未就学児は無料(募金、保険、参加記念品はなし)
    寄付先: 国連WFP 学校給食プログラム
    コース: 5kmコース(臨港パーク→赤レンガ倉庫を巡回するコース)、 10kmコース(臨港パーク→赤レンガ倉庫→神奈川県庁→港の見える丘公園を巡回するコース)
    定員: 各コース2,000人(計4,000人)
    参加資格: 大会主旨に賛同いただける個人・団体どなたでも
    申込締切: 郵便振込5月8日(金)、ネット/電話5月14日(木) ※ 定員になり次第締切ります。
    主催: 特定非営利活動法人(認定NPO法人)国連WFP協会 (〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜6F)

インターネットで:http://www.walktheworld.jp(WFPウォーク・ザ・ワールド専用ウェブサイト)よりお申込みいただけます。
お電話で:0570-550-846 (スポーツエントリー内 平日10:00~17:30 通話料はお申込み者様負担)

2014年の参加の様子はこちらをご覧下さい。

WFPウォーク・ザ・ワールド2014(当日の様子)

関連ポスト

Gapが、個性と多様性を表現したレインボーカラーのコレクションを発売。一人ひとりの個性と多様性をセレブレイトするGapレインボーウィークをG.W.に開催

Gapが、個性と多様性を表現したレインボーカラーのコレクションを発売。一人ひとりの個性と多様性をセレブレイトするGapレインボーウィークをG.W.に開催

GapレインボーウィークをG.W.に開催 Gapでは、4月23日(火)から5月7日(火)の期間中、ブランドのコアバリューの一つであ続きを読む

記事を読む

3月30日のEARTH HOUR(アースアワー)に日本全国1,434カ所が一斉消灯【WWFジャパン】

3月30日のEARTH HOUR(アースアワー)に日本全国1,434カ所が一斉消灯【WWFジャパン】

アースアワーとは? 毎年、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示すために開催さ続きを読む

記事を読む

朝日新聞社とNTTデータ経営研究所による「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足

朝日新聞社とNTTデータ経営研究所による「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足

SDGsの知識は企業や自治体で必須のものになるかも? 昨今、企業経営の場でも大切になってきている「SDGs」。2015年に国連にて続きを読む

記事を読む

横浜・みなとみらい臨港パークで、11月11日に「東日本大震災・復興支援まつり2017」開催

横浜・みなとみらい臨港パークで、11月11日に「東日本大震災・復興支援まつり2017」開催

震災から6年半、インフラなどは元に戻りつつあるものの、まだまだ復興の道半ばである東北を応援しようと、生活クラブ生協神奈川が、復興に向続きを読む

記事を読む

日本に暮らす難民28人を捉えた「Portraits of Refugees in Japan‐難民はここにいます。」写真展が6月20日から表参道で開催

日本に暮らす難民28人を捉えた「Portraits of Refugees in Japan‐難民はここにいます。」写真展が6月20日から表参道で開催

中東からヨーロッパの国々へ難民が押し寄せていることが度々話題になっています。距離的なこともあり、ついつい日本では"遠い"場所の出来事続きを読む

記事を読む