日本に暮らす難民28人を捉えた「Portraits of Refugees in Japan‐難民はここにいます。」写真展が6月20日から表参道で開催

- PR -

d11254-8-163377-1

中東からヨーロッパの国々へ難民が押し寄せていることが度々話題になっています。距離的なこともあり、ついつい日本では”遠い”場所の出来事のように思えますが、実は日本にも難民が暮らしています。

その難民の人達をサポートしている認定NPO法人難民支援協会(以下:NPO難民支援協会 東京都新宿区/代表理事:石川えり)が、日本に暮らす難民を捉えた写真を展示する写真展が、世界難民の日である6月20日(月)から1週間、東京メトロ表参道駅のコンコース(ADウォール・B1出口付近)にて開催されます。

フォトグラファー宮本直孝氏と共同企画し開催するこの写真展は、日本に暮らす難民として暮らす、シリア、ミャンマー(ビルマ)、ロヒンギャ、アフガニスタン、イラン、バングラデシュ、ベトナム、エチオピア、クルドなどからの難民と、その家族28人の難民をポートレートととして撮影したもので、撮影・制作協力したスタッフはプロボノ(知識やスキル、経験を生かして社会貢献するボランティア活動)として参加となっています。

難民という言葉とは縁遠い気がする日本ですが、在住年数は1年から約30年までさまざまで、幼少のころに親とともに来日し、日本で育った「難民2世」もいます。

日本は、1970年代以降、1万人以上のインドシナ難民を受け入れてきたそうで、最近は、アフリカや中東を含め、年間数千人が日本に助けを求めて逃れてきていますが、紛争や深刻な人権侵害などの理由や、迫害を受けたり、受ける恐れがあり、仕方なく全てを捨て故郷をあとにし日本に辿り着いたとしても「難民」として認定される数は少ないのが現状です。

1999年に設立されたNPO難民支援協会では、そんな日本に逃れてきた難民が、自立した生活を安心して送れるよう支援し、今回の写真展を開催するいきさつをこのように語っています。

「難民経験」の意味合いは一人ひとり異なります。母国でどんな日常を送っていたのか、なぜ、日本に逃れてくることになったのか、今、どんな生活をしていて、将来に対して希望はあるのか、不安を抱えているのか。難民支援協会は、写真を見た方が、難民を身近な存在として捉え、彼らの過去と現在、これからの境遇を想像し、考えるきっかけとなればと願っています。

と考えているそうで、日本に難民がいることを知らなかった。どんな人達なの?もっと身近に感じたい、何かできることは無いか探してる、という人は、今回の写真展で何かを感じることができるかもしれません、お近くの人は是非、足を運んでみて下さい。

■ 実施概要

  • タイトル |Portraits of Refugees in Japan-難民はここにいます。
  • ポートレート |シリア、アフガニスタン、エチオピアなどからの難民とその家族28人
  • 日時 |2016年6月20日(月)~6月26日(日)
  • 場所 |東京メトロ表参道駅コンコース(ADウォール・B1出口付近)
  • 主催 |フォトグラファー宮本直孝・難民支援協会
  • ウェブサイト |www.refugees-in-japan.com

■ 宮本直孝 / NAOTAKA MIYAMOTO プロフィール

1961年静岡県生まれ。1990年から1991年の間、渡伊し、オリビエーロ・トスカー二に師事。2007年以降、オープンスペースでの写真展を多数開催。2014年からPerle managementに所属。

[これまでの展示実績]
2007年 「forty six portraits of beautiful women」 表参道・スパイラル
2010年 「COVER GIRLS」 表参道・スパイラル
2010年 「THE CATS」 表参道・スパイラル
2010年 「Fill the Cup with Hope」 WFPチャリティ写真展 表参道・GYRE
2012年 「ロンドンパラリンピック選手写真展」 東京メトロ 表参道駅ADウォール

■ 制作協力

アートディレクター |富田光浩 / ONE INC
ヘア |hiro TSUKUI
ヘアメイク |Tomo Tamura ・ 森野友香子
メイク |耕万理子 ・ Chifumi
スタイリスト |馬場郁雄 ・ 白井艶美
メーキングフォト |松永望
レタッチ |佐藤加奈子 / 株式会社ヴィータ
※ 上記の皆さまからは、無償のプロボノ協力をいただきました。宮本直孝氏には、ADウォールの広告媒体代をご負担いただきました。
協力 |Perle management ・ 株式会社アルーシャ ・ ゴールドマン・サックス

参照元:「Portraits of Refugees in Japan‐難民はここにいます。」日本に暮らす難民28人のポートレート写真展/PR Times
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000011254.html

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

関連ポスト

Gapが、個性と多様性を表現したレインボーカラーのコレクションを発売。一人ひとりの個性と多様性をセレブレイトするGapレインボーウィークをG.W.に開催

Gapが、個性と多様性を表現したレインボーカラーのコレクションを発売。一人ひとりの個性と多様性をセレブレイトするGapレインボーウィークをG.W.に開催

GapレインボーウィークをG.W.に開催 Gapでは、4月23日(火)から5月7日(火)の期間中、ブランドのコアバリューの一つであ続きを読む

記事を読む

3月30日のEARTH HOUR(アースアワー)に日本全国1,434カ所が一斉消灯【WWFジャパン】

3月30日のEARTH HOUR(アースアワー)に日本全国1,434カ所が一斉消灯【WWFジャパン】

アースアワーとは? 毎年、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示すために開催さ続きを読む

記事を読む

朝日新聞社とNTTデータ経営研究所による「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足

朝日新聞社とNTTデータ経営研究所による「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足

SDGsの知識は企業や自治体で必須のものになるかも? 昨今、企業経営の場でも大切になってきている「SDGs」。2015年に国連にて続きを読む

記事を読む

横浜・みなとみらい臨港パークで、11月11日に「東日本大震災・復興支援まつり2017」開催

横浜・みなとみらい臨港パークで、11月11日に「東日本大震災・復興支援まつり2017」開催

震災から6年半、インフラなどは元に戻りつつあるものの、まだまだ復興の道半ばである東北を応援しようと、生活クラブ生協神奈川が、復興に向続きを読む

記事を読む

福島を駆け巡る、オックスファム・トレイルウォーカー東北2016 参加登録、締め切り間近!

福島を駆け巡る、オックスファム・トレイルウォーカー東北2016 参加登録、締め切り間近!

東日本大震災から5年が経過しましたが、未だ復興途中の東北、その東北で世界的にも有名なNGOであるオックスファムが、東北支援や国際協力続きを読む

記事を読む