SHOKAY for Tohoku/ケーブルニット・キャップ

- PR -

東日本大震災で被災した4県(岩手県、宮城県、福島県、茨城県)在住の編み物のスキルの高い女性たちが編むニット製品。

チベットのヤクの毛にフォーカスを当てたソーシャルビジネスを展開しているSHOKAYさんは、東日本大震災の被災地で、被災地の女性達の“心の癒し”と“雇用支援”のために「編み物ワークショップ」を行い、そこで作られるニットアイテムを買い取る活動をされていましたが、さらに枠が広がったようです。

内田恭子さんとのコラボで限定販売され、大好評だったケーブルニットのキャップは、男女兼用で使いやすいデザインです。