オイシックスが“食べて応援!おいしい東北” 東北食材コーナーを開設

- PR -

農業や漁業が盛んだった場所に壊滅的な被害がもたされから5年。未だ復興の途中にある東北ですが、大事な食を支える地域として有名です。日本の自給率が度々問題となり、食物の生産率が低すぎるというのは少し心配ななので、自分達のためにも復興を応援したいところですよね。

そんな中、食品ECで有機野菜などを扱うオイシックスが岩手・福島・宮城3県の産品を販売することで、東北食材のおいしさや奮闘する生産者のがんばりを改めて多くの方に感じてもらおうと、「東北食材コーナー」を2月25日に開設しました。並んでいるものは、自然の恵みをいっぱいに、おいしく育った海の幸や畑の幸です。一部をご紹介すると。

おしゃれなラベルをキッチンにインテリアとして飾っておきたい「サヴァ缶」

d8895-109-978958-1

各所で話題となり、手軽さとオシャレなラベルに惹かれる、「東の食の会(※2)」が「三陸フィッシャーマンズプロジェクト(※3)」の一環としてプロデュースした、サバのオリーブオイル漬けである“サヴァ缶”の、第二弾であるレモンバジル味などは、バゲットを焼いてその上に乗せただけでもおいしそう!また野菜を切って和えて塩・コショウしてサラダに、卵と混ぜて洋風だしを入れてスペイン風オムレツに……。と様々な使い方ができます。サバは、健康にも良いとされるDHAを豊富に含み、手軽に摂取できるサバ缶は特にオススメです。

食物繊維が豊富すぎる、ネバネバ・シャキシャキ海藻「アカモク」

d8895-109-530141-3

食物繊維の摂取量は平均が、理想とする量よりかなり少なく問題となっています。しかし、食物繊維は多くの腸疾患や代謝性疾患の予防効果があり、腸内のビフィズス菌や乳酸菌を増やすので、腸内フローラを整えるためにも良いの腸活している人にもオススメです。特に海草類には食物繊維が豊富に含まれているので、定期的に摂ると良いといわれています。アカモクはミネラルやポリフェノールも含有しているので、美容を気にする人にも良さそうです。
東北食材のおいしさや奮闘する生産者さんを身近に感じながら、おいしいものを発掘できる機会です。おいしいものを食べて復興応援してみませんか?

オイシックス 東北食材コーナー/Oisix(おいしっくす)
オイシックス 東北食材コーナー

(参照元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000008895.html

関連ポスト

買わない理由が見つからない、全額寄付&送料無料の高品質AAランク・スペシャルティコーヒーオーガニックコーヒーで社会貢献

買わない理由が見つからない、全額寄付&送料無料の高品質AAランク・スペシャルティコーヒーオーガニックコーヒーで社会貢献

最近10年前とは比べものにならないくらい寄付付きの商品が増えてきたのを実感します。しかし必要経費がかかってしまうため、全額寄付という続きを読む

記事を読む

環境にも赤ちゃんにも優しく、贈ったあとも使える出産祝い金封『オーガニックスタイ金封』

環境にも赤ちゃんにも優しく、贈ったあとも使える出産祝い金封『オーガニックスタイ金封』

出産祝いの金封(祝儀袋)は、贈ったあとも使えるものを! 友人や親戚、会社の同僚などに赤ちゃんが産まれた時に渡すお祝いの袋。よくある続きを読む

記事を読む

間伐材から作られる天然素材「木糸」できたサスティナブルマスク・ナノ木(MOKUITO)マスクが全国の東急ハンズで販売開始

間伐材から作られる天然素材「木糸」できたサスティナブルマスク・ナノ木(MOKUITO)マスクが全国の東急ハンズで販売開始

密集し日光が当たらないと木が育たないため、森を健康に保つには、曲がったり細かったりする木を間引く必要があります。そこで出る木材が間伐続きを読む

記事を読む

在宅ワークにも最適。ナチュラル派に人気のPukkaの新ブレンドティー

在宅ワークにも最適。ナチュラル派に人気のPukkaの新ブレンドティー

在宅ワーク中のティータイムにオススメしたい、Pukkaの新ブレンドティーであるミントリフレッシュ 有機ハーブティー、ハーバルコレクション 有機ハーブティーについてかいてあります。リフレッシュのひと時に飲むハーブティーは良質なものを選びましょう。

記事を読む

<再販決定>需要急増で一時欠品中のジュリーク「ハーバル フレッシュハンドジェル」が10月10日(土)から数量限定で再販スタート!

<再販決定>需要急増で一時欠品中のジュリーク「ハーバル フレッシュハンドジェル」が10月10日(土)から数量限定で再販スタート!

8月26日(水)の発売依頼、数日で欠品していた「ハーバル フレッシュハンドジェル」が、公式オンラインでの再版が決定。 コロナ感染症続きを読む

記事を読む