不用になったブラジャーをエコに処分できるワコールの「ワコール ブラ・リサイクル」。12月1日から開始

- PR -

専用バッグで誰にも見られずにブラをリサイクルできるワコールの「ワコール ブラ・リサイクル」

何かの拍子に見られてしまったら?とか、持っていかれたらイヤだなと不安になるなどブラの処分に困る人は多いのではないでしょうか。そこでオススメなのが大手下着メーカーが取り組んでいる不要なブラジャーを処分し、リサイクルしてくれるキャンペーン。

多くの人がブラを処分するために利用してきたキャンペーン

ワコールでは、2008年から「ワコール ブラ・リサイクル」をはじめ今回で12回目の実施されています。2012年からは他社のブラジャーも回収を始め、累計で約1,975,900枚(回収重量からの推定枚数)を回収し、約197.6トンの産業用固形燃料「RPF」にリサイクルしてきました。

今回は、2018年12月から2019年3月までの4ヶ月間と、年末の大掃除〜新生活の準備期間などタンスを整理する機会が多い期間に実施されます。

実施している店舗は約800店舗

リサイクル方法は簡単で、店舗で配布している専用の回収袋「ブラ・リサイクルバッグ」をもらい、不要なブラを入れ、お店に持っていくだけ!専用の回収袋「ブラ・リサイクルバッグ」は3層構造になっており、中身が透けず、丈夫で破れにくくなっているので、その点も安心です。「ブラ・リサイクルバッグ」は、11月1日より実施店舗で配布されているので、ブラの処分を予定している方は、今すぐお店にGO!

実施されている店舗は、国内の百貨店、下着専門店、ワコール直営店およびグループ会社を中心に合計約800店舗もあり、近くのお店を利用できそうで良いですね。実施店舗はワコール内のこちらのページから見ることができます→ https://www.wacoal.jp/shops/search-result.html?bbr=1005

誰にも見られずにブラをリサイクル

気になるリサイクル方法ですが、店舗で集めた「ブラ・リサイクルバッグ」は、持っていった状態の密封したまま、開封せずにワコール流通株式会社に届けられ、ワコールがきちんと契約した処理業者が行い、全ての工程が「ブラ・リサイクルバッグ」に入ったままの状態で行われるので、誰かに見られる心配がありません。

また、前回のキャンペーンからリサイクル後の「RPF」の一部を加工し、乳がんの早期発見を支援することを目的にセルフチェックを促すツール「ワコールピンクリボンマグネット」を作成しています。

これからの季節に大いに助かる「ワコール ブラ・リサイクル」、ブラの処分に困っていた方は是非この機会を利用してみてください。

キャンペーン概要

回収商品

ワコール製のブラジャー、他社製のブラジャー

実施期間

2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)
※「ブラ・リサイクルバッグ」は、11月1日より実施店舗で配布しています。

詳細は下記の公式キャンペーンページをご覧下さい。
https://www.wacoal.jp/braeco/

保存

保存

関連ポスト

3月30日のEARTH HOUR(アースアワー)に日本全国1,434カ所が一斉消灯【WWFジャパン】

3月30日のEARTH HOUR(アースアワー)に日本全国1,434カ所が一斉消灯【WWFジャパン】

アースアワーとは? 毎年、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示すために開催さ続きを読む

記事を読む

3月22日発売、アトリエ・スワロフスキー、WATER SCHOOL(水の学校)コレクションの発表によって、世界の水資源の保全に貢献

3月22日発売、アトリエ・スワロフスキー、WATER SCHOOL(水の学校)コレクションの発表によって、世界の水資源の保全に貢献

究極のクリスタル表現を追求するアトリエ・スワロフスキーから、水資源の保全に貢献するコレクションが限定発売 ジュエリー、アクセサリー続きを読む

記事を読む

朝日新聞社とNTTデータ経営研究所による「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足

朝日新聞社とNTTデータ経営研究所による「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足

SDGsの知識は企業や自治体で必須のものになるかも? 昨今、企業経営の場でも大切になってきている「SDGs」。2015年に国連にて続きを読む

記事を読む

海の生物にも悪影響な「海洋のプラスチックゴミ」が、日本人には必須な『アレ』になる?!クラウドファンディングが展開中

海の生物にも悪影響な「海洋のプラスチックゴミ」が、日本人には必須な『アレ』になる?!クラウドファンディングが展開中

プラスチックのゴミが浜辺に打ち上げられているのを見たことがある人も多いと思いますが、現在海洋汚染で大きく問題されている1つに「プラス続きを読む

記事を読む

コスメが地域活性化に一役買うかも?「rinRen/リンレン」から、10種の国産植物成分を配合したバラの香りの自然派ボディシャンプーがリニューアル発売

コスメが地域活性化に一役買うかも?「rinRen/リンレン」から、10種の国産植物成分を配合したバラの香りの自然派ボディシャンプーがリニューアル発売

地域の活性化などがニュースに登場する機会が多くなってきました。直接的に貢献するというのはむずかしいかもしれませんが、買った製品が、ど続きを読む

記事を読む