朝日新聞社とNTTデータ経営研究所による「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足

- PR -

SDGsの知識は企業や自治体で必須のものになるかも?

昨今、企業経営の場でも大切になってきている「SDGs」。2015年に国連にて採択された「持続可能な開発目標」SDGs(Sustainable Development Goals)は、2030年を期限とする包括的な 17のゴールを設定し、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に、統合的に取り組むことを約束しています。またビジネスの面でもSDGsを意識しているか否か?が、投資先を選ぶ判断の一つとなりつつあります。

国内のSDGsの普及率は、今ひとつ

そんな中、国内のSDGsの普及率(認知度)は19%というアンケート調査結果(朝日新聞社調べ)となっていて、普及の加速が急がれます。今後ますます重要になってくるSDGsの普及とその後のアクションを起こせる人材育成を目的としたプロジェクトを朝日新聞社とNTTデータ経営研究所が共同で発足させました。

「SDGsサポーター養成講座」の開講を目指すことを当面の目標としているこの講座は、養成講座により、SDGsについての基礎知識を確かめることができるプログラムが普及し、各地方自治体や教育現場、企業においてSDGsへの理解が進み、持続可能な社会の発展に貢献できることを目指しています。

また履修した人を「SDGsサポーター」とするためのプロジェクトを発足させ、養成講座に向けたキックオフイベントも実施されます。

SDGsサポーターに期待されること

1. SDGsについて正しく理解し、賛同する。
2. 17のゴールに沿って、自分なりにできる簡単なことから実践する。
3. SDGsの普及促進に貢献する。

SDGsサポーター養成講座開講に向けたキックオフイベント実施

キックオフイベントはSDGsについて学ぶ場です。SDGsをまったく知らない人から、改めて理解したい人まで、幅広い層が対象です。SDGsの基礎的知識を確かめる問題を解いた後、グループでSDGsについて考えるワークショップなどを行い、理解を深めます。参加頂いた方には修了証(仮)をお渡しいたします。

日時: 2019年3月31日(日) 午後1時~4時
場所: 朝日新聞東京本社 読者ホール(地下鉄大江戸線築地市場駅下車)
参加: 2,000円(税込) 当日お支払い頂きます。
定員: 60人
ゲスト登壇者: SDGsを推進する自治体関係者、大学関係者を予定
持ち物: 筆記用具、お名刺(お持ちの場合)

※参加希望される方は、こちらのURLにアクセスの上、お申し込みください。
https://que.digital.asahi.com/question/10002035

【共催】 朝日新聞社、NTTデータ経営研究所
【運営】 ラウンドテーブルコム

参照:「SDGsサポーター養成」プロジェクト発足について/PR Times
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000041144.html

関連ポスト