被災3県の新聞社による、復興に向けた初の試み iPhoneアプリ『Smile News』創刊 スマイルとうほくプロジェクト

- PR -
main

福島民報社(本社:福島県福島市、代表取締役社長:高橋雅行)、河北新報社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:一力雅彦)、岩手日報社(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長:三浦宏)は、2012年1月より、被災地の復興支援のために、「スマイルとうほくプロジェクト」を展開しています(特別協賛:花王株式会社、株式会社ニコン) 。

この度スマイルとうほくプロジェクトでは、被災から3年目となる2013年3月11日より、東北と全国をつなぐ新しい取り組みとして、iPhoneアプリ『Smile News』を創刊しました。

アプリでは、3つの新聞社が交替で、少しずつ伝わりにくくなってきた東北の「今」がわかるニュースを、365日配信。記事を読めば読む程、アプリの中で花が成長し、花が咲いたら、自分のネームプレートつきで、実際に被災地に花が植えられます。(スマイルとうほくプロジェクトの基幹活動である、被災地で花を植え育てる「咲かせよう笑顔の花」プロジェクトと連動。)

sub3

毎日花の成長を楽しみながら、同時に被災地の現状を知ることができ、さらに被災地で花を植え、育てることで、大きな課題の一つである地域のコミュニティづくりにも貢献します。

今後、花が満開になる夏~秋にかけては、被災地での満開フェスティバルなども実施し、全国からの観光客の誘致にもつなげていく考えです。

東北のニュースを読んで、笑顔の花を咲かせよう!

Smile Newsのダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/ja/app/smilenews/id606189418

スマイルとうほくプロジェクトについてはこちらから
http://smile-tohoku.jp/

(提供:PR Times

関連ポスト

おトクにお買い物できて森林保全に支援ができる「環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート」がプレオープン

おトクにお買い物できて森林保全に支援ができる「環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート」がプレオープン

環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート 森の近くに住んでいない人でも、ふとした時に行ける日本の森林というものがなくなっ続きを読む

記事を読む

国連WFP 最先端技術《虹彩認証技術》でシリア難民への食糧支援効率化へ

国連WFP 最先端技術《虹彩認証技術》でシリア難民への食糧支援効率化へ

1週間のニュースの中で話題に上らないことがないほど、シリアの人々の切迫した状況は皆さんもご存知だと思いますが、隣国ヨルダンへも多くの続きを読む

記事を読む

国連WFPに25年以上勤務し、紛争地などで人道支援に携わってきた日本人、忍足さんの退職にあたってのインタビュー

国連WFPに25年以上勤務し、紛争地などで人道支援に携わってきた日本人、忍足さんの退職にあたってのインタビュー

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた、国連WFPアジア地域局長の忍足謙朗(おしだり・けんろう)さん。80万の難続きを読む

記事を読む

エボラ出血熱:圧倒的な支援不足、生物災害対応チームの動員を――MSF、国連で訴え|国境なき医師団(MSF)日本のプレスリリース

エボラ出血熱:圧倒的な支援不足、生物災害対応チームの動員を――MSF、国連で訴え|国境なき医師団(MSF)日本のプレスリリース

国境なき医師団(MSF)インターナショナル会長のジョアンヌ・リュー医師は、9月2日、ニューヨークで国連と世界保健機関(WHO)の会合続きを読む

記事を読む

ユニセフのガザ地区・情勢レポートから考える『ガザ地区の子どもが置かれた状況』 心のケアを必要とする子ども 37万3,000人以上、孤児となった子どもは1,500人

ユニセフのガザ地区・情勢レポートから考える『ガザ地区の子どもが置かれた状況』 心のケアを必要とする子ども 37万3,000人以上、孤児となった子どもは1,500人

イスラエルの攻撃により、ここ8年間で最悪規模の被害となったガザ地区の紛争(※1)は、沢山の子どもが亡くなっただけでなく、孤児や障害を続きを読む

記事を読む

Secured By miniOrange