社会貢献×ファッションがカッコイイ、今年の春旋風を巻き起こしたMODE for CharityのTシャツ

- PR -
NGO ジョイセフ MODE for charityのトップ画像

MODE for Charityが行ったファッションショーの様子。第1回となる2010年ははアフリカザンビアの妊産婦の支援のために行われました

以前より海外ではセレブ+チャリティや社会貢献×ファッションなどの図式が成り立っていましたが、日本ではあまりそういった活動が少なかったり、表立ってきていませんでした。

そんな現状を打ち破り、ついに社会貢献×ファッションの領域を日本国内で確立したのが、今年2010年4月にチャリティファッションショーを行ったキャンペーン「MODE for Charity2010 ~babies and mothers~」。

このキャンペーンは世界中のお母さんと赤ちゃんを救う「ホワイトリボン運動」を推進する国際協力NGOジョイセフと、デザイン性があるクールな社会貢献をテーマにしたフレンドリーデーインターナショナルが共催して行っているプロジェクト「MODE for Charity」によるものです。

そんなMODE for Charityから発売されているチャリティTシャツは、クオリティの高いファッションやイベントを通した活動をしてるだけあって、デザインがカッコイイのです。

NGO ジョイセフ MODE for charity 富永愛さんらが着るModeforchariyのTシャツ画像

チャリティファッションショーでのMODE for Charityを支援するジャパニーズセレブの方々、着こなしの参考にもなります

値段はリーズナブルで、おそろいのプリントのエコバッグとホワイトリボンのピンバッジが付いて2,900円(税込)なので買って損は無い気がします。

NGO ジョイセフ MODE for charity のTシャツとエコバッグホワイトリボンの画像

ラインの綺麗なTシャツとエコバッグ、ピンバッジがセットになったMODE for Charityのチャリティグッズ。2,900円(税込)

購入代金の一部が国際協力NGOジョイセフを通じて、開発途上国のお母さんと赤ちゃんを救う活動への支援となるので、メッセージ性と支援性が含まれた MODE for CharityのTシャツ、チャリティなどに興味が出てきたけれどはじめ方がわからない、おしゃれなチャリティしか受け付けないという方にオススメです。

【MODE for Charityオンラインショップ】
http://www.joicfp-shop.com/

【NGOジョイセフ】
http://www.joicfp.or.jp/jp/

【関連リンク】
絶滅危惧種が描かれたデザインが美しいiPod/iPhoneのアクセサリー「erathwear」
森を感じる間伐材のエコシックでおしゃれなバッグ
オフィス使いもできるエコ&フェアトレードなデザイナーズアクセサリー
いらないブラジャーをリサイクルしてくれるトリンプのキャンペーン
夏の美肌を作る「Agronatura(アグロナチュラ)」の限定サマーボディケアセット

関連ポスト

おトクにお買い物できて森林保全に支援ができる「環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート」がプレオープン

おトクにお買い物できて森林保全に支援ができる「環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート」がプレオープン

環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート 森の近くに住んでいない人でも、ふとした時に行ける日本の森林というものがなくなっ続きを読む

記事を読む

国連WFP 最先端技術《虹彩認証技術》でシリア難民への食糧支援効率化へ

国連WFP 最先端技術《虹彩認証技術》でシリア難民への食糧支援効率化へ

1週間のニュースの中で話題に上らないことがないほど、シリアの人々の切迫した状況は皆さんもご存知だと思いますが、隣国ヨルダンへも多くの続きを読む

記事を読む

国連WFPに25年以上勤務し、紛争地などで人道支援に携わってきた日本人、忍足さんの退職にあたってのインタビュー

国連WFPに25年以上勤務し、紛争地などで人道支援に携わってきた日本人、忍足さんの退職にあたってのインタビュー

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた、国連WFPアジア地域局長の忍足謙朗(おしだり・けんろう)さん。80万の難続きを読む

記事を読む

エボラ出血熱:圧倒的な支援不足、生物災害対応チームの動員を――MSF、国連で訴え|国境なき医師団(MSF)日本のプレスリリース

エボラ出血熱:圧倒的な支援不足、生物災害対応チームの動員を――MSF、国連で訴え|国境なき医師団(MSF)日本のプレスリリース

国境なき医師団(MSF)インターナショナル会長のジョアンヌ・リュー医師は、9月2日、ニューヨークで国連と世界保健機関(WHO)の会合続きを読む

記事を読む

ユニセフのガザ地区・情勢レポートから考える『ガザ地区の子どもが置かれた状況』 心のケアを必要とする子ども 37万3,000人以上、孤児となった子どもは1,500人

ユニセフのガザ地区・情勢レポートから考える『ガザ地区の子どもが置かれた状況』 心のケアを必要とする子ども 37万3,000人以上、孤児となった子どもは1,500人

イスラエルの攻撃により、ここ8年間で最悪規模の被害となったガザ地区の紛争(※1)は、沢山の子どもが亡くなっただけでなく、孤児や障害を続きを読む

記事を読む