敏感肌用化粧品ディセンシアの、春夏用浸透保湿化粧液 「つつむ ローションセラム M 」<香料・着色料無添加>

- PR -

2011年4月1日に発売されたディセンシアの 「つつむ ローションセラム M 」120mL 3,570円(税込)

2011年4月1日に発売されたディセンシアの
「つつむ ローションセラム M 」120mL 3,570円(税込)

冬のなごりや、花粉症の影響で、この季節お肌のコンディションが良くないという方多いですよね、そんな方にオススメしたいのが敏感肌専門ブランドdecencia(ディセンシア)のコスメ。ディセンシアは、化粧品の研究開発に定評のあるポーラ・オルビスグループの、敏感肌専門コスメブランドとして2007年9月に誕生しました。技術的にもきちんとしている上に敏感肌用だけあって香料・着色料無添加で刺激が無いのが特徴。乾燥肌や花粉でお肌がデリケートになっている人も安心して使えます。

今回ご紹介する「つつむ ローションセラム M 」は、保護保湿、および角層バリア機能強化を目的としたスキンケアシリーズ「つつむ」シリーズの、「つつむ ローションセラム E 」の保護保湿効果はそのままに、みずみずしいテクスチャに変えたものです。

角層内部の肌本来が持つ水分保持機能に着目し、独自の「チェーンモイスチャライジングシステム」を採用。 角層の潤いの鍵ナノセラミドが角層のすみずみまで潤すと同時に、NMF(*天然保湿因子)の主成分アミノ酸複合体が角層細胞までアプローチします。

さらに、水分蒸散を防ぐモイスチャープール成分が角層表面でとどまり、ラメラ構造の形成を促進するそうです。ラメラ構造とは角質の細胞の間を埋める細胞間脂質が、水・脂質・水・脂質・水…とウエハースのような構造の事。しっかり水分を挟み込むので肌内部で水分をしっかりキープします。

これから空気の乾燥がやわらぎ、ついつい怠りがちな「保湿」ですが、保湿がしっかりされていないと、健やかなお肌にはなりませんし、老化も早まります。また、夏になると空調の影響で乾燥する人も多いと思いますので、保湿をしっかりして、1年中みずみずしい「うるつや」お肌を目指してみてください。

−高浸透保湿成分 セラミド ナノ スフィア配合
うるおいの鍵、必須保湿成分ヒト型セラミド(*)を採用し、独自のナノディスパージョン技術で浸透力の高いナノサイズのカプセルにして配合。浸透するうちにさらにほぐれ、角層の深層部まで届き、自ら潤う力を強力にサポートします。
(*ヒトの角層細胞間脂質を構成するセラミドと同一の化学構造、かつ同一の光学異性体であるもの)

−高保湿成分 アミノコンプレックス配合
厳選した必須アミノ酸(NMFの主成分)5種を贅沢に配合。
角層細胞ひとつひとつにダイレクトにうるおいを補給します。

−水分蒸散を徹底的に防ぐオリジナル成分 モイスチャープール成分配合
角層表面にとどまり、ラメラ構造の再形成を促進。
水分蒸散を防ぎながら、角層の保水機能を強化します。

【decencia(ディセンシア)】
http://www.decencia.co.jp/

【関連リンク】
地球環境に配慮するAVEDAの取り組み
途上国の女の子を応援するキャンペーン「Because I am a Girl」
素敵なノートを買うと、恵まれない子供達にノートがプレゼントされるWノート
オシャレなちょうちょ形かごバッグで社会貢献
夏にぴったりなフェアトレードのHASUNAのエシカルジュエリー

関連ポスト

おトクにお買い物できて森林保全に支援ができる「環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート」がプレオープン

おトクにお買い物できて森林保全に支援ができる「環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート」がプレオープン

環境貢献型のショッピングサイト フォレストックマート 森の近くに住んでいない人でも、ふとした時に行ける日本の森林というものがなくなっ続きを読む

記事を読む

国連WFP 最先端技術《虹彩認証技術》でシリア難民への食糧支援効率化へ

国連WFP 最先端技術《虹彩認証技術》でシリア難民への食糧支援効率化へ

1週間のニュースの中で話題に上らないことがないほど、シリアの人々の切迫した状況は皆さんもご存知だと思いますが、隣国ヨルダンへも多くの続きを読む

記事を読む

国連WFPに25年以上勤務し、紛争地などで人道支援に携わってきた日本人、忍足さんの退職にあたってのインタビュー

国連WFPに25年以上勤務し、紛争地などで人道支援に携わってきた日本人、忍足さんの退職にあたってのインタビュー

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた、国連WFPアジア地域局長の忍足謙朗(おしだり・けんろう)さん。80万の難続きを読む

記事を読む

エボラ出血熱:圧倒的な支援不足、生物災害対応チームの動員を――MSF、国連で訴え|国境なき医師団(MSF)日本のプレスリリース

エボラ出血熱:圧倒的な支援不足、生物災害対応チームの動員を――MSF、国連で訴え|国境なき医師団(MSF)日本のプレスリリース

国境なき医師団(MSF)インターナショナル会長のジョアンヌ・リュー医師は、9月2日、ニューヨークで国連と世界保健機関(WHO)の会合続きを読む

記事を読む

ユニセフのガザ地区・情勢レポートから考える『ガザ地区の子どもが置かれた状況』 心のケアを必要とする子ども 37万3,000人以上、孤児となった子どもは1,500人

ユニセフのガザ地区・情勢レポートから考える『ガザ地区の子どもが置かれた状況』 心のケアを必要とする子ども 37万3,000人以上、孤児となった子どもは1,500人

イスラエルの攻撃により、ここ8年間で最悪規模の被害となったガザ地区の紛争(※1)は、沢山の子どもが亡くなっただけでなく、孤児や障害を続きを読む

記事を読む